埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

血液検査で癌チェック

血液検査で癌チェック

腫瘍マーカーを、がん発見のためのスクリーニング(ふるい分け)検査として用います。

■特徴

  1. 血液1本で検査出来ます。
  2. 予約不要で、診察も不要。
  3. 結果は郵送いたします。

■検査項目と料金

対象となる癌 腫瘍マーカーの種類 費用
①胃・大腸癌検査 CEA、CA19-9、抗p53抗体 5000円
②肝・胆・膵癌検査 CEA、CA19-9、AFP 5000円
 上記①②同時検査の場合 CEA、CA19-9、抗p53抗体、AFP 6500円
③前立腺癌検査 PSA 1500円

※別途、消費税が掛かります。

■ご注意いただくこと

(1) 腫瘍マーカーが上昇しているからといって必ずがんがあるわけではなく、反対に正常域だからといって完全にがんが否定できるわけでもありません。がんがあっても検出されないこともあり、またがん以外の疾患でも増加することがあるためです。

(2) 確定診断は、他の血液検査や、超音波検査やX線、CTなどの画像診断、内視鏡検査などを総合して下されます。

(3) このスクリーニング検査費用は保険対象外です。

■腫瘍マーカーとは

 腫瘍マーカーとは悪性腫瘍(がん)の指標となる特殊な物質のことで、腫瘍ができると、健康なときにはほとんど見られない特殊な物質が、その腫瘍により大量につくられ、血液中に出現します。この物質を「腫瘍マーカー」といいます。
 腫瘍マーカーは、がんの発生臓器と強い関連性を持つ特徴があるため、血液中にこの物質が基準以上に出たときは、がんがある可能性が推測されます。

ダウンロード