埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

整備課

スタッフ数 8名
業務内容 院内の療養環境の整備・掃除も含めて・防災・防犯体制
主な就業時間帯 日勤。7:00-16:00

関係者インタビュー

各部署の雰囲気を感じていただくため、関係者の生の声を掲載します。

氏名:浜辺 聖 (入職年 1974年)
職位:整備課主任
職務:病院設備清掃管理
以前の勤務場所:無し(ここが初めて)
休日の過ごし方:
バラ園芸、日本ユダヤ古代史研究、難民支援ボランティア

川越胃腸病院を選んだ理由

消化器専門病院として大学病院に匹敵する病院であり、県外からも受診されるほど社会的にも信頼されている病院であると伺い、自分もこのような職場で働き、何かのお役に立てればと選びました。

仕事をする上で気をつけている点

設備管理、清掃業務、療養空間の創作を通して、患者様に安心安全で快適な療養環境を提供出来るようにこころ掛けています。又、患者様のご要望にいち早く気付き、こころを込めたおもてなしができるように考えています。更に、これらの業務を通じて働くスタッフが生きがいと喜びを感じられるようにと願っています。

これから働く人へのアドバイス

設備も高度化し、患者様のご要望も多種になる時代ですが、いのちの尊さは不変です。常にひとつひとつの事柄に最善の努力をもって対応し、患者様とスタッフが一緒に病気と闘い、患者様から「川越胃腸病院に来て本当に良かった」と言って頂ける、そのような病院創りを共にして行きたいと願います。