埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

臨床検査科

スタッフ数 2名
業務内容 患者様から採血した血液などの検査
主な就業時間帯 日勤、8:15~17:00 月~土

関係者インタビュー

各部署の雰囲気を感じていただくため、関係者の生の声を掲載します。

氏名:菅原 淑子 (入職年 1996年)
職位:主任
職務:検体検査、超音波検査、検査科業務管理
以前の勤務場所:総合病院(べッド数200床)
休日の過ごし方:家事、旅行、出かけるのが好き
「人柄がいい人、素直な人、この病院と仲間に感動出来る人におすすめです」

川越胃腸病院を選んだ理由

初めて面接のために来院したとき、『小さな病院だけど、お掃除の行き届いた綺麗な病院だな?』と思いました。あちらこちらに、花が飾られたり、写真や絵が飾ってあったり…職員の人たちの優しい笑顔も印象的で…
ここで、働きたい!と思いました。

前の病院との違い

以前勤めていた病院では、他部署との交流はほとんどなく、検査室は検査室だけ…という感じでした。当院は、部署の垣根がなく、看護部も事務部も薬剤部も栄養科も…みんなが力を合わせて『患者様が喜んで下さるように…』と努力しています。

仕事をする上で気をつけている点

『いつでも優しい笑顔で…』人間ですから、体調の悪い時もあれば、機嫌の悪い時もあると思います。でも笑顔で居ると、自分も、一緒に働く人たちも、患者様も…皆、幸せな気持ちになれますよね。患者様に笑顔で『ありがとう』と言われると、とても嬉しく、幸せな気持ちになれます。今日も笑顔で頑張りましょう。

これから働く人へのアドバイス

仕事は、楽しくやりたいと思います。楽しいこと、好きな事は多少辛くても頑張れます。共に頑張る仲間が居れば尚更です。一緒に笑って、一緒に頑張って、支えあって…そんな素敵な仲間が沢山います。