埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

疾患の概要

食道の疾患
食道がん、逆流性食道炎、食道憩室、粘膜下腫瘍、食道静脈瘤などがあげられます。胸焼けや閉塞感のある方はご相談ください。内視鏡検査で診断可能です。
胃、十二指腸の疾患
胃がん、胃潰瘍、(慢性)胃炎、胃ポリープ、十二指腸潰瘍などがあげられます。早期がん等には、適応を検討したうえて内視鏡治療が行われています。潰瘍は内服薬で治療可能です。ピロリ菌の除菌についても遠慮なくご相談ください。
胆嚢の疾患
胆石、胆嚢炎、胆嚢ポリープ、胆嚢腺筋症、胆嚢がん、総胆管結石などがあげられます。胆嚢がん以外は、開腹手術のない治療を目指し、腹腔鏡下手術や内視鏡治療が数多く行われています。
膵臓の疾患
急性膵炎、慢性膵炎、膵臓がんなどがあげられます。
小腸の疾患
腸閉塞、粘膜下腫瘍、メッケル憩室などがありますが、頻度は高くありません。
大腸の疾患
大腸がん、大腸ポリープ、腸炎、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、急性虫垂炎などがあげられます。疾患により、内視鏡治療、腹腔鏡下手術など先進的治療が行われています。
鼠径ヘルニア
いわゆる世間でいる“脱腸”です。鼠径部(足の付け根の部分)が腫れて痛みを伴うことがあります。治療には手術が必要ですが、メッシュを用いた修復手術が行われています。