埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

胆嚢胆石症の治療

腹腔鏡下胆嚢摘出術について

 腹腔鏡下胆嚢摘出術とは、腹部に通常4ヶ所の5-10mmの穴を開け、その穴から内視鏡や手術器具を挿入し胆嚢を摘出する方法です。この術式の利点は、傷が小さく、術後の痛みが少なく、社会復帰が早いことです。ただ胆嚢の炎症や癒着が強い場合には開腹手術に変更になる場合があります。胆嚢の炎症が強い場合などは手術中に細い管(ドレーン)を腹腔内に入れておいて、数日して抜去することもあります。手術時間は平均60分ほどです。胆嚢炎や癒着がひどい場合には手術時間は長くなります。
 当院では難度の高い症例も含めてほぼ全例腹腔鏡下手術です。開腹手術に変更になった症例は2005年~2010年10月までの集計では0.35%で、日本内視鏡外科学会の2007年全国集計では5.42%でした。
 通常術後7日目に抜糸をして翌日退院となります。早期退院を御希望の方は、術後数日で退院が可能です。主治医に御相談下さい。術後合併症を発症した場合には、入院期間が長くなることがあります。

図:4孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術