埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

パートナーシップ憲章

患者様とご家族の皆様へ

患者様と当院とのより良いパートナーシップを築くために

 当院では「医学的根拠を基にした医療」を提供し、「患者様の権利の尊重」と「患者様の安全の確保」などに病院をあげて取り組むと共に、患者様と医療者のパートナーシップの確立を重要な事柄と位置づけています。「インフォームド・コンセント」、「セカンド・オピニオン」、「情報開示」などにより患者様が自分で自分の医療方針を自由に決定できるよう務めています。病院全体で組織的に、安全管理に配慮すると共に、情報開示制度により知る権利を尊重し、同時にプライバシー確保についても考慮しています。これらのことは医療者側の対応のみならず、患者様とのパートナーシップが重要なことです。そのため当院では患者様へのお願いを提示しました。解らないことがあれば納得するまで質問して下さい。安全確保のためにアレルギー歴などきちんとお伝え下さい。いろいろな場所で名前を名のっていただいたり、点滴の確認をしていただくなどの形で診療に参加していただきます。お困りの点、お気づきの点などありましたら、医療相談窓口へのお越し下さるなり、担当職員にお申し付け下さい。投書いただいても結構です。是非、より良いパートナーシップを築き上げていきたいと考えています。

臨床疫学に基づく医療

 根拠に基づいた医療とは、臨床疫学に基づく医療という意味です。臨床疫学は多くの患者様から得られた知見を集団のデータとして定量的に表し、これに基づいて行う医療です。良質な医療の一つの視点として、「技術的に優れた医療の提供」が挙げられます。技術的に優れていることとは、根拠に基づいた正しい医療を正しく提供することを意味しています。当院では根拠に基づくと共に、豊富な知識と経験・技術により患者様個々に合わせた診療を行っています。また、セカンドオピニオンのご希望があればいつでも対応致します。

安全の確保

 当院では独自に制定した「医療事故防止指針」を基に事故防止の原則を徹底しています。医療安全管理委員会を中心として責任体制の確立、組織的活動方針及び手順の確保、組織的な教育・訓練の実施、問題事例の原因分析・対策、外部との連携、患者様とのパートナーシップの充実に尽力しています。院内感染対策に関しても、組織的な管理、医学的な認識、職員への指導に常時取り組んでいます。
 しかし、医療は本質的に不確実なものです。たとえ医療上の間違いが無くとも、または万全な努力をしていても事故が起こることはありえます。患者様自身が十分納得した上で、自由に自分の治療方針を決定していただく様にしております。

医の倫理に対する対応

 当院では医の倫理の問題に対し、患者様の人権を守ることを第一と考え、全職員が当院で定めた職業倫理の尊重に努めております。また、すべて患者様に対し、患者様の権利について示しています。癌告知、知る権利に関してはインフォームド・コンセントの徹底に努めています。

プライバシー確保

 当院ではインフォームド・コンセント、セカンドオピニオンといった情報提供と共に、外来・入院患者様のプライバシー保護に努力しています。医療情報の取り扱いで、コンピューターのセキュリティーシステムや種々の規約により慎重を期しております。外来では患者様の呼び出しに注意を払う、入院患者様への説明には専用個室を使用する、などの工夫もしております。電話、郵便物の対応についても教育指導をとっています。

相談窓口―患者様やご家族の意見尊重

 患者様やご家族の抱える社会的問題、社会復帰、医療費の負担、施設入所などの問題には医療相談室を設置して相談に応じています。また、患者様やご家族の方の意見を尊重するため、医療サービス全般、苦情、提案など、医療サービス対応事務局が患者様の立場にたって対応しております。そして、患者様やご家族の方から寄せられる声を病院経営に反映させることにより、患者様とのパートナーシップを高めております。

以上

制定 2004年7月1日