埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

アレルギー

 人は異物の侵入から自分を守るためのしくみ(免疫)を持っています。そのしくみが過剰に反応し、体に有害な症状を起こすことをアレルギーといいます。アレルギーにはその物質に触れて数回で起こるものと、花粉症のように長期間反応しなかったものに対して突然発現するものがあります。
 薬剤アレルギーで有名なものにペニシリンアレルギー、ピリンアレルギーや造影剤アレルギーなどがありますが、その他の薬剤でもアレルギーを起こすことがあります。
 医療機関で安全な医療を受けて頂くためには、薬物のアレルギーだけでなく、食物アレルギーや皮膚接触アレルギーについてもお知らせ頂くことが重要です。
 その理由は、薬には鶏卵、牛乳、ゼラチンなどアレルギーを起こしやすい食品成分を含んでいるものがあることや、ラテックス(天然ゴム)アレルギーの方にラテックス手袋を使用した医師や看護師が触れることでアレルギー反応を起こすなど、患者様自身が危険予知困難な場合があるからです。
 受診時には、全てのアレルギーをお知らせください。