埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

2008年度 患者様の声 主なご要望と改善〈アンケート・患者様の声・ご意見箱〉

項目内容 ご要望・ご提言 他 ご説明・対策及び改善事項
当院全体の取り組みについて 経営姿勢全体評価について
  • この病院の経営姿勢を信頼しています。
  • どのスタッフも感じがいい、気持ちがいい。
  • 貴院には志の高さを感ずる。さらに精進されたし。
  • 礼儀をわきまえた若者達に感心。いまどき珍しい。
  • 本を読んできました。評判通りですね。
  • 笑顔に感激、皆さんの優しさにほっとしました。
『病院の品格』掲載について
東京医科歯科大学大学院教授の川渕孝一先生が執筆された『病院の品格』(日本医療企画)において、品格ある専門病院の実例として、当院をご紹介いただきました。これからも品格ある理想の病院像を目指して、全スタッフ一丸となって取り組んでまいります。
  • 100歳まで頑張るつもりだから、皆さんも頑張って。
  • 働く姿勢が良いです。私の会社の目標にしていますよ。
  • ご著書拝見しました。近所にこの病院があることに感謝しました。
  • 家族でお世話になってます。末永くお付き合いを。
  • ここの待合ロビーの雰囲気の良さは他にありません。
  • 慢心に注意、現状維持は後退。期待しています。
  • なんでそんなに評判がいいのかよく分からなかった。
「いのち輝くホスピタリティ~医療は究極のサービス業」出版について
当院 望月智行理事長院長の著書「いのち輝くホスピタリティ~医療は究極のサービス業」(文屋)が2008年10月、発行されました。
全国書店および当院1F売店にて取り扱っております。出版社ホームページ(文屋)
 http//www.e-denen.net/syoseki/inochi.html もご参照下さい。
外部評価について
  • 病院ランキング本で知りました。
  • インターネットで胃カメラを調べてきました。知人もきてました。
  • 「いい病院」に投票したくなる病院でした。ホントに。
  • 「病院の実力」読んだら、ここが載っていて安心しました。
  • 日本一の病院を目指してがんばって、応援してます。
  • あんまり全国区になると待ち時間が増えそうでイヤですね。
  • 有名になり過ぎないように注意して。
「病院の実力(読売ウイークリー 増刊)」掲載について
読売ウイークリー 臨時増刊『病院の実力2008春号』(読売新聞医療情報部 編)の『胃がん・大腸がん部門」に掲載されました。
掲載されている埼玉県内の全有資格者12名の内、2名のドクターが当院に在籍しており、さらに高水準の腹腔鏡技術の維持・向上に努めてまいります。
ホームページの運営について
  • 大腸を検索していったら、この病院に行き着きました。
  • Q&Aを印刷して家族に読ませました。
  • 胃腸に悩む知り合いにはアドレスを書いて渡してます。
  • 医学会や看護学会でも研究発表しているんですね。
  • もっと文字を大きく、見やすくしてほしい。
  • 画面から診察や検査の予約がとれると便利です。
  • オルゴールの音色に癒されます。
インターネットによる病院情報公開について
私共のホームページは「患者様の立場にたった心温かい医療サービス」実践の一環として2001年4月に開設し、毎日180~220件、2009年1月の時点で通算約27万件の閲覧をいただきました。
これからも皆様に当院をよりご理解いただけるよう、情報公開に努め、最新情報の掲載を行ってまいります。内容や構成に関する皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。
診療部関連 診療姿勢健康教室について
  • 毎朝の丁寧な回診に感激しました。こんな病院あったのですね。
  • 先生の笑顔で安心感がどれだけ違うか。ありがとうございました。
  • こちらの医師は皆、専門に詳しく、人間性も豊か。
  • どんな質問にも分かりやすく答えてくれる先生でした。
  • 職場の誰もが胃のことならここのドクターがいいと云ってます。
外来第7診察室について
当院では患者様の外来待ち時間が少しでも短くなるよう、システムの改善を重ねてきました。特に慢性疾患でお具合が安定していて、お薬の継続をご希望の患者様専用の診察ラインを設置しました。受付時間等、詳しくはスタッフへお聞き下さい。
<外来診療について>
  • ここの医師はちゃんとこちら(患者)を見て診察してくれる。
  • 丁寧だし、分かりやすいし、信頼してます。
  • しょうがないことだけど、待ち時間がもう少し短ければね。
<あすなろ健康教室について>
  • こういう社会貢献をしてくれるところが気に入っている。
  • 健康知識を増やして、ずっと健康でいたい。
  • 家族みんなの願いは病気のない毎日。切実な願いです。
  • 第1回から参加してます。参加パーフェクトを目指すよ。
あすなろ講演会について
当院では”明日はより元気に、より幸せになっていただきたい!”という願いを込め、『川越胃腸病院あすなろ講演会』を開催し、患者様やご家族、そして近隣の皆様方にご参加いただいております。
今年度の実績(予定)は以下の通りです。
(実績)2008年7月17日(木)17:30~18:30
講師 : NPO法人 テラ・ルネッサンス 鬼丸 昌也 理事長
テーマ : 『こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した』
(予定)2009年3月19日(木)17:30~18:30 講師:池田廉医師
講師 : 診療部 鎌田 一寿医師 ・ 内視鏡センター看護師
テーマ : 『内視鏡による検査と治療ー早期発見で癌に克つー』
看護部関連 看護サービスについて
  • こんなに親身になって看護されたのは人生初めてです。
  • ナースの優しさに涙が止まりませんでした。感謝です。
  • 何回か入院したけど、常に感心させられます。ここはスゴイ。
  • 看護部トップの教育方針が素晴らしいからでしょう。
  • ナースの皆さんが私の病状を全て把握してくれていた。
  • だれに質問しても、ちゃんと答えが返ってくることに感動。
  • みなさんの優しさが笑顔に溢れてました。こんな病院はじめて。
『看護の日』ボランティア活動について
21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心がとても重要になってくると当院看護部は考えています。
2008年5月10日(土)の午前10時より、川越市立第一小学校の生徒さん22名のご参加により、看護の日にちなんだ、ふれあい看護1日体験を実施し、多くの患者様から喜びのお声をいただきました。
内視鏡検査関連 内視鏡検査について
  • とにかく年に1回はここで胃カメラと決めています。
  • 悩んでいたのがうそみたいに苦しくなかった。
  • 職場の同僚が胃カメラは、ここでしないと損だと云ってた。
  • 何人にこの病院を勧めたか分かりません。検査技術がすごい。
  • 鼻からのカメラ、本当に楽でした。いい時代になりましたね。
経鼻細径内視鏡検査について
従来の経口的内視鏡検査に苦痛を感じておられる患者様に対し、より苦痛の少ない経鼻細径内視鏡を導入いたしました。
この内視鏡は鼻から挿入するものですが、視野が狭くなるなど従来の経口からの内視鏡には劣る点もあり、適応については担当医師にご相談下さい。
  • 予約がいっぱいですぐ検査できないのが困る。
  • せめて1か月以内に内視鏡検査を受けたい。
  • 仕事が忙しくて内視鏡受ける時間がない。希望日にやって欲しい。
大腸内視鏡の際の自宅下剤服用について
多くの患者様に少しでも早く、安心で確実な大腸内視鏡検査をお受けいただくため、下剤の自宅服用による検査体制をスタートしました。今後、患者様のお声と実際のご負担状況を把握しながら、より適正な準備方法へと調整していきます。
薬剤部関連 薬剤指導調剤作業について
  • 入院中、親切な薬剤師さんになんでも相談できた。
  • 薬について質問したら、薬剤師の先生が飛んできてくれた。
  • ここの薬剤師さん達は優しくて親切で丁寧で言うことありません。
調剤ミキシング安全キャビネット設置について
当院では2F調剤室に最新式安全キャビネットを設置いたしました。
この安全キャビネットにより、さらに充実した調剤環境が整い、環境や人に優しいキシング環境となりました。
栄養科関連 給食サービスについて
  • 患者さんとのコミュニケーションづくりに努力していることが伺われ感激しました。今日は1日得をした気持ちです。
  • いろんな病院に通っておりましたがこのような時間を持てたのは初めてのことでした。とても心温まる接待にうれしく思いました。
  • 大変良い企画だと思います。今回私の入院は、2泊3日ですが本当にラッキーでした。ありがとうございました。
  • 何年ぶりかのムースを頂き、生きる幸せを感じました。
  • 家庭的でとてもいい雰囲気でした。ありがとうございます。
  • うっとおしい気分が晴れ、口の中が久し振りに爽快感に溢れた。
  • 楽しい催しだと思います。体の調子が良くなったところでよかったです。お菓子も甘みもやさしく美味しかったです。
  • 術後、始めてのおやつをいただきました。病院食しか口にしていなかったので、とても新鮮でした。
給食サービスの向上について
当院は消化器科専門病院として『食』に関する専門的アプローチを取り入れております。特に栄養管理委員会は入院患者様の栄養管理について、医師・管理栄養士・調理師・看護師・コメデイカルの多角的な視野から、*NSTをはじめ、よりより給食サービスを追求しております。
又、委員会と栄養科が中心となって、Happy Birthdayメニュー、鮮魚の日、焼きたてパンの日、ほっとタイムサービスやティータイムサービス等、年間70回以上(毎週1回程度)の特別行事食を実施しております。
*NSTとはNutrition Support Teamの略であり、その目的は、①適切な栄養管理を提案、実践 ②早期栄養障害患者の発見 ③栄養療法に関する合併症の予防や対策、 と定義されています。
整備課関連 院内緑化院内美化について
  • きれいな造花かと思って触ったら生花!びっくり!
  • トイレや廊下に生け花があり、病院じゃないみたい。
  • グリーンが気持ちよく育っていて、私も気持ちいい。
  • お掃除の方がいつも挨拶してくれる。清潔でホテルのよう。
  • 中庭の草花のお手入れが行き届いています。
  • 廊下の壁の風景写真が素敵ですね。
小さなバラ園の開設、院内美化・院内緑化について
心和む環境を目指して、清潔で心地よい環境づくりと、院内のさまざまな場所に季節の花々を飾っております。
新館中庭に「小さなバラ園」を開設いたしました。まだバラの種類は10種類ほどですが、バラのやさしい香りがこころを癒してくれます。水鉢にはめだかが元気に泳いでおります。
建物・設備・備品について 待合室環境について
  • 自分の名前がいつ呼ばれるか不安だった。
  • マイクの呼び出しの声が聞きづらかった。
  • マイクの声が大きすぎる。
  • スピーカーから聞こえる声が全体に小さめ。
  • 呼び出しマイクを使わない方法を検討してほしい。
院内放送に関する工夫について
院内放送に対する各種のご提言に対し、病院全体としてその改善と向上に取り組んでおります。放送設備については、院内の呼び出し用マイクキャップを全て交換しました。また、音響専門家によるスピーカー配置や音量の調整、アナウンス方法に関しては、実際に放送を行っての発声チェック及び指導を行っております。又、音声を伴わない呼び出し方法(電光掲示等)についても検討を進めております。
建物・設備・備品・その他について 電子カルテについて
  • 大学病院に負けない設備のある病院を目指して下さい。
  • (予約票等)機械の文字になって、読みやすくなりました。
  • 診察待ちはしょうがないけど、会計待ち時間は短縮の努力を
  • 検査データの画面が大きく見やすくなった。
  • なんでもコンピュータの時代なのね。大変ね。ご苦労様。
  • 説明の紙がA4サイズで大きくてもったいないのでは?
  • 画面ばかり見ないで、患者の顔を見ながら診察してほしい。
3/1よりオーダリング及び病棟電子カルテシステムを、9/1より外来電子カルテシステムを導入しました。移行期の皆様のご理解とご協力ありがとうございました。
◇電子カルテシステム
患者様の症状や医師の所見・医療指示など全ての診療行為を、コンピュータで管理します。大切な情報の共有や検索が容易にできるようになりました。
◇オーダリングシステム
検査や投薬などの医師の指示を電子化して、業務効率や情報共有、正確な情報伝達を図りました。
新システム移行後は特に患者様とのコミュニケーション不足に注意するよう、診療部を中心とした話し合いを行っております。
その他建物・設備について
  • 診察イスが滑って、立ち上がりの際に怖かった。
外来診察室の患者用イスについて
当院では外来診察中も医師と同じ目線で少しでもゆったりと診察をお受けいただけるよう、患者様と医師は同じ大きさのイスをご利用いただいております。
今回のお声を受け、検討の結果、患者様用のイス脚部のキャスターを固定式のタイプに改造しました。
その他建物・設備について
  • 病室扉を開けたら音がして気になった。
病室スライド扉ローラー部修理について
入院中の患者様より病室スライド扉の異音についてご意見をいただき、確認作業を行いましたところ、スライド部ローラーの経年劣化による異音と判明しました。
簡易メンテナンスでは異音の根本的改善とはならなかったため、休診日を利用し、2F病棟の全スライドローラー交換工事を行いました。
  • 体重計のそばに荷物置きがほしい
  • 内視鏡検査室のロッカー数を増やしてほしい
1F処置室前の体重計 荷物置き台・内視鏡センター内 ロッカー設置
1F処置室前の体重計のそばに荷物置き台設置しました。
内視鏡検査をお受けいただく方用のロッカーを増設しました
  • ウオシュレットから出る水が冷たかった
  • ウオシュレットから出る水が熱かった
ウオシュレット吐水温度調整について
複数の患者様よりご指摘をいただいておりましたウオシュレット吐水温度調整(冷たい・熱い)ついての討議を製造会社技術者を交えて行い、四季を通じて適切な温度調整を行うしくみを検討しました。
  • 待合室椅子の座り心地はいいが、真ん中に座れないときがある。
待合ロビーベンチの前後間隔について
待合ロビーベンチの前後間隔を各20cmずつ広くしました。
  • 乳児のオムツ交換台を設置して下さい。
乳幼児オムツ交換台について
小さなお子様同伴のご来院患者様も増えており、乳幼児のオムツ交換台の設置を前向きに検討しております。
  • トイレの数をもう少し増やしてほしい。
  • 正面玄関前に屋根付きの自転車置き場をつくってほしい。
  • インターネットを使える端末を置いて下さい。
  • 病院の支店(派出所)をつくって欲しい。
  • 駐輪スペースを玄関横につくってほしい。
  • 洗面所に綿棒や化粧用コットンを置いてほしい。
  • 送迎バスを運行してほしい(駅⇔病院)
  • いつまでも心穏やかな美しい病院でいて下さいね。
その他多くのお声について
ひとつのお声の後ろには多くの皆様のお気持ちや期待があることをスタッフ一同肝に銘じ、時間はかかっても、そのひとつひとつにお応えすることを目指し、よりご満足をいただける病院づくりに努力してまいります。
お寄せいただいたご意見・ご要望には、可能なかぎりご回答申し上げたいと考えておりますので、ご記名をいただけると幸いに存じます。
どうぞこれからも当院へのご意見・ご要望をお寄せ下さい。

2008年度 定期院内アンケート調査結果報告に戻る