埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

2006年度 患者様の声 主なご要望と改善〈アンケート・患者様の声・ご意見箱〉

項目内容 ご要望・ご提言 他 ご説明・対策及び改善事項
当院全体の取り組みについて 経営姿勢について
  • 貴院理念の発露を皆様の働きぶりから感じました。
  • 新聞で貴院の記事を読みました。
  • TVの特集で見ました。進んでいますね。
  • 県表彰おめでとうございます。
  • 川越市の誇りとして、益々の発展を祈っています。
  • 医療の質を追求して欲しい。日本一目指して。
  • 「いい病院」の本に出ていましたね。がんばって下さい。
  • これからもフツウの病院に埋没しない先進性を持って下さい。
埼玉県モデル病院認定について
当院は埼玉県の実施した看護師等職員定着促進事業により県内モデル病院として選出され、2006年5月には県主催記者会見発表を行いました。
この埼玉県看護師等定着促進モデル事業は埼玉県がモデルとなる病院及びその事業計画を認定し、広く広報・共有することにより、県内病院の看護師等定着を促進することを目的として実施されたものです。
選出された当院の事業計画詳細は以下の通りです。
【モデル事業計画:BSCを活用した戦略経営の実践】
バランスト・スコアカード(BSC)の活用により、看護師が病院の理念や方針を十分理解した上で目標を設定し、目標達成に向けた活動やその評価を通じて職務の満足度を高め看護師の定着を促進する。
注)BSCとは、企業・病院のビジョンや戦略を明確にした上で、所属単位→個人と具体的な活動へ落とし込む戦略経営を行うためのマネジメントシステム。
診療システムについて
  • 診察の予約が早くとれるようになった。
  • 胃カメラを以前より待たずに出来た。安心した。
  • 予約なしだったのに検査もできた。ありがとう。
  • 仕事をもつ身なので予約時間通りに見てもらえるのは有り難い。
  • 前よりスムースに病院全体が流れてる。
  • 土曜日も終日やってほしい
  • 第3月曜日に間違えて来院してしまった。
  • 第3月曜日が休診はやや不満、月曜日も診察希望。
  • 予約がないと2時間くらい待つ時あり.体調が悪い時は辛い
  • 午後も普通に診察があるといい
当院診療部常勤医師増員について
消化器内科診療及び消化器内視鏡検査のさらなる充実を図るため、2006年4月1日付けにて浅野 聡医師が当院診療部消化器内科医長として、入職いたしました。
外来診療医師担当表もホームページにて随時更新いたしますのでご確認下さい。
→(1)診療体制のご案内
→→(2)外来診療担当医師のご案内
→→→(3)当院外来診療医師担当表(4月1日改定)
コメントをいただきました診療時間・休診日等に関しましても、当院医療サービスのより高い質と量のバランスを勘案しながら、検討を進めてまいります。
ホームページの運営について
  • 検査のQ&Aが参考になった。
  • 知人にこちらを教えるのに役立った。
  • 院長の風景写真がいいね。もっと増やして。
  • 検査説明をホームページで読んだから安心できた。
  • こちら高齢のため、文字をもっと大きくできないですか。
  • 胃腸以外の健康に関する情報も欲しい。
インターネットによる病院情報公開について
私共のホームページは当院の理念である「患者様の立場にたった心温かい医療サービス」実践の一環として2001年4月に開設し、毎日150~200件、2006年8月の時点で通算約15万件の閲覧をいただいております。これからも皆様に当院をよりご理解いただけるよう、情報公開に努め、日々最新情報への更新を行ってまいります。
内容や構成に関する皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。
診療部関連 健康教室について
  • 第1回から毎回あすなろ健康教室に参加しています。
  • これからも継続して下さい。継続は力なり、ですよ。
  • じっくり先生の話を聞けてよかった。
  • 消化器病以外の病気に関する勉強会も開いて欲しい。
  • 無料では申し訳ないが、お友達も誘いやすいから無料がいい。
  • 川越にはなかなか来れないので日高の近くでやってもらえないか。
  • 有料にしてホテルを貸しきって食事付きにしたらどうか。
あすなろ健康教室開催について
当院では”明日はより元気に、より幸せになっていただきたい!”という願いを込め、『川越胃腸病院あすなろ健康教室』を年3回開催し、患者様やご家族、そして一般の皆様方にご参加いただいております。
今年度の実績(予定)は以下の通りです。
2006年3月13日(月)17:30~18:30  講師:荒谷美枝子健康運動指導士
 健康ヨガ教室 ーヨガで心身のバランスを整えましょうー
2006年7月20日(木)17:30~18:30 講師:紫藤和久検査部長
 おなかの内視鏡検査法と治療法について
 ー胃ファイバー及び大腸ファイバーの実際ー
2006年11月16日(木)17:30~18:30 講師:藤野幸夫外科部長
 むねやけはなぜ起こる?
 ー逆流性食道炎の予防と治療法についてー
看護部関連 看護サービスについて
  • ここの看護婦さんはすごくいい。
  • とても細かい心配りがある。びっくりした。
  • いつもにこやかでとても良い。
  • きびきびした態度、でも言葉遣いはやさしい。
  • 私は看護師です。ここで働きたいです。
ナイチンゲール看護論の展開による質の高い看護システム
当院看護部は「医療は究極のサービス業」を合い言葉に、ナイチンゲール看護論を基盤とした質の高い看護システムを確立し、個別性のある人間性尊重の看護提供に努力しております。
これからも、患者様のウォンツを満たす、さらに質の高い看護を提供できますよう、日々努めてまいります。
2006/7、最も高い看護基準である7対1看護(1人の看護師が平均7人の患者様をケア)を取得いたしました。
患者様の会について
  • 一緒に入院生活をおくった人と病院で会うのが楽しみ。
  • 自分の病気のことをもっと勉強したい。
  • 「小さなバラの会」の集まりは励みになります。
患者様の会『小さなバラの会』について
当院では人工肛門の手術をお受けになった患者様の会『小さなバラの会』の運営に協力しております。
患者様同志の情報交換の場として、年に数回の会合を持ち、いろいろなテーマ毎の勉強会を行っております。
患者様の癒しと安らぎの会となるよう、これからも支援してまいります。
検査関連 医療機器の導入について
  • 常に新しい医療のトレンドを把握していって下さい。
  • 機能性の高い新しい医療機器を揃える病院が良い。
  • 検査の副作用についての説明が欲しい。
  • 機械も大切だが、やはりそれを操作する人が大切。研鑽を願う。
最新式ダイレクトディジタイザー(REGIUS190)を導入しました
当院ではX線画像をディジタル化する為の優れた画質性能を持つ最新式ダイレクトディジタイザー(REGIUS190)を導入いたしました。
これにより、常に良好な画像をデジタルならではの最適化処理が可能となり、診断がしやすく、常に安定した高品位なX線画像を実現いたしました。
当院の消化器専門診療及び医療安全体制の強化に役立ててまいります。
内視鏡検査について
  • 内視鏡ならここの病院と評判を聞きました。
  • 苦しくない内視鏡の病院だと知人に紹介しました。
  • 知り合いがここで胃カメラをのんで是非行けと推薦された。
  • 内視鏡の専門病院で検索したらここでした。来てよかった。
  • こんなきれいなところで検査できて幸せです。
  • 女性専用の検査待合室があるなんて感激しました。
  • ここの先生は胃カメラが上手という評判が行き渡ってます。
  • 昔の苦しい記憶があり検査を躊躇していた。進歩しました。
  • こんなに楽なら早く検査すればよかった。
  • やはり胃カメラは苦しい。もっと楽になればいい。
  • 内視鏡の検査はなるべく受けたくない。
  • カメラの消毒は完全でしょうか。
最新鋭次世代内視鏡ビデオスコープ導入について
当院附属消化器内視鏡センターでは、消化器癌、特に食道癌、胃癌、大腸癌の早期発見・早期治療に努めております。
 そこで、がんなどの微細病変の早期発見や術前の病変範囲の精密診断を目的に開発された最新鋭次世代内視鏡ビデオスコープシステム(オリンパス社製)を全国に先がけて2006年7月より導入・稼動しております。
 これはがん病変の特徴である病変粘膜表層の毛細血管やわずかな粘膜構造の微細な変化を特殊光にて観察する画期的な新世代内視鏡システムで、従来のハイビジョン画質による通常光観察に加えて観察することにより、より精密で正確な内視鏡診断が可能となります。
 特に食道、胃、大腸の早期癌の発見に大きな威力を発揮するものと期待されていますので(検査料金は従来と同じで、追加費用は不要です)
どうぞご利用下さい。
経鼻細径内視鏡検査もお受けいただけます
従来の経口的内視鏡検査に苦痛を感じておられる患者様に対し、より苦痛の少ない経鼻細径内視鏡を導入いたしました。
この内視鏡は鼻から挿入するものですが、検査の精度は従来の経口内視鏡にはやや劣ることもあり、適応については担当医師にご相談下さい。
当院における内視鏡スコープ洗浄殺菌について
これまで、内視鏡を使用した検査や治療を終えた後、粘液などの分泌物や血液を完全に落とすための洗浄消毒に用いられる消毒剤は毒性が高く、その蒸気は人間にとって有害成分を含むものでした。又、廃棄時の環境に与える影響にも問題がございました。
当院では国内全ての内視鏡洗浄システムを検討の結果、殺菌効果が高く、毒性も非常に少ない、人や環境に優しい最も優れた最新式内視鏡洗浄機を導入しました。毎回の検査ごとに、全てのスコープを一本一本、確実に洗浄殺菌を行っております。又、その洗浄効果も近く学会発表する予定です。
どうぞ、ご安心下さい。
事務部関連 応対姿勢について
  • 親切で明るいので、とてもいい気持ちになれます。
  • 優しい笑顔と明確な返答ですね。
  • すごく丁寧でよかったです。
  • ふるさとのようなあたたかさがある。感謝。
  • どの方も良く説明してくださいます。安心感がありますよ。
  • わが社の職員の手本としたい。
  • とても親切で融通もきくので助かります。
  • 他人に聞かれたくないことへの配慮がうれしかった。
  • 私も医療事務をしているので、大変親切で見習いたいです。
  • 予約室スタッフから分かりやすく説明して頂きました。
  • 体調が悪く来院した時もすぐに処置室へ案内してくれた。
  • 応対のマニュアルがあったら見せてほしい。
当院事務部における基本姿勢について
事務部では以下の基本理念を常に心において業務を行っております。
『・・受付窓口業務は、当院の基本理念を持って、患者様に医療サービスを実践する最重要の場である。受付窓口業務の医療サービスの質(窓口につく人の知識・技能・サービス精神の良し悪し)が、病院全体の医療サービスの評価・イメージに即つながって、患者様に受け取られるほど病院の医療サービスの代表者ともいえる立場である・・その自覚が大事である。受付窓口業務は、(1)患者様への機能的サービス 技能・知識を提供するサービス、すなわち、「事務処理」と(2)患者様への情緒的サービス 温かい心を持った対応サービス、以上(1)・(2)の医療サービスを優れた姿勢で患者様に提供する医療事務職である事が求められている。』
そして、日々、単なる受付事務処理ではなく、患者様への温かい医療サービスの代表的実践のポストであるという意識をもって、患者様への対応にあたらせていただくよう心がけております。
これは、受付対応マニュアル(昭和60年作成)の「受付・窓口業務における医療サービス提供の基本理念」の一部を抜粋したものであり、当時から一貫して「患者様本位の医療サービスの実践」を目指し、日々の業務や人の育成をしてまいりました。これからも努力を重ねてまいります。
栄養科関連 給食サービスについて
  • 病院で食べる食事がこんなに美味しいなんて驚きでした。
  • 見た目もきれいだし、味もちょうど良かったです。
  • 魚の焼き加減が参考になりました。
  • こちらの病院の食へのこだわりを感じました。
  • 手作りパンが最高に美味しかった。幸せなひとときをありがとう。
  • 明日退院ですがよい思い出になりました。
  • ぜひ家でも作って見たいのでレシピをいただきたい。
  • 久しぶりのコーヒーもおいしかった。
  • 院内のイベント一つでも参加でき、うれしいですね。
  • 暗い入院生活の中で心から楽しみました。元気に家に帰るぞ!
  • 忙しいのにこのような行事をしてくれて感謝デス。
  • お店で売ってるチーズケーキよりずーっとおいしかった。
給食サービスの向上について
当院は消化器科専門病院として『食』に関する専門的アプローチを取り入れております。特に栄養サービス委員会は浅野内科医長を中心として、管理栄養士・調理師・看護師・コメデイカルの多角的な視野から、*NSTをはじめ、よりより給食サービスを追求しております。
又、委員会と栄養科が中心となって、Happy Birthdayメニュー、鮮魚の日、焼きたてパンの日、ほっとタイムサービスやティータイムサービス等、年間70回以上(毎週1回程度)の特別行事食を実施しております。
*NSTとはNutrition Support Teamの略であり、その目的は、
(1)適切な栄養管理を提案、実践
(2)早期栄養障害患者の発見
(3)栄養療法に関する合併症の予防や対策、
と定義されています。
整備課関連 院内展示・院内美化・院内緑化について
  • いつも展示がきれいです。清掃職員の姿勢も非常に良い。
  • 見舞い客がホテルみたいと驚いていました。
  • 廊下の壁の風景写真を楽しみに来ます。
  • お掃除の方の笑顔が素晴らしい。
  • 人も建物も清潔感があり、花もいっぱいあって快適。
  • 陽光がさしこみ広々とした良い空間です。
  • トイレや洗面、とても広くいつもきれいにしてありますね。
  • 病院の消毒液のようなニオイがないですね。
  • 清潔感にあふれており、気持ち良く受診できました。
  • 院内が明るくきれいなだけで不安を取り除いてくれました。
  • 洗面所にも花一輪、やさしい気持ちになった。
  • 草花のお手入れが行き届いています。
  • みなさんの優しさがお花やきれいな中庭に表れています。
美術カウンター・絵画・風景写真の展示について
当院ではうるおいとやさしさを感じさせる院内環境を目指し、美術品の展示や絵画・風景写真の展示を行っております。
年初には美術カウンターに患者様の製作された山車のミニチュアを展示いたしました。
≪この展示によせた望月院長のコメント≫
『この山車ミニチュアの製作者は当院で胃の手術を受け、今年90歳を迎えられ、今なお元気で趣味の木工作業に取り組んでおられます。このような生き生きとした人生を過しておられるお姿を拝見することこそ私ども川越胃腸病院の目標とするものです。』
院内美化・院内緑化に取り組んでおります
心和む環境を目指して、清潔で心地よい環境づくりと、院内のさまざまな場所に季節の花々を飾っております。
これらの花々は、職員が自宅で育てたものや、病院にいただいた鉢植えを枯らさないように愛情込めて育てたものです。
建物・設備・備品について 院内放送について
  • 呼び出しの声が聞きづらかった。
  • マイクの声が大きかった。
  • マイクの声が小さかった。
  • 待合室のテレビの声が聞きづらい。
  • テレビの音を大きくしてほしい。
  • 呼び出しがだぶって聞こえなかった。
  • 呼び出しマイクを使わない方法を検討してほしい。
院内放送に関する検討・工夫を行っております。
院内放送に対する各種のご提言に対し、病院全体としてその改善と向上に取り組んでおります。放送設備については、音響専門家によるスピーカー配置や音量の調整、アナウンス方法に関しては、実際に放送を行っての発声チェック及び指導を行っております。
又、待合室TVの音量に関しましては、患者様呼び出しアナウンスとのバランス上、小音量での設定をさせていただいております。
(本館1F面会サロンにもTVがございますので、そちらもご利用下さい。)
院内の雑誌について
  • もっと月刊誌を揃えてほしい。
  • 気分が明るくなる本を置いてほしい。
  • くだらない雑誌が少ないのがよい。
  • たまに子供と来る時があるので、子供用もあれば嬉しい。
  • 種類を増やしてほしい、特に男性誌希望。
2F内視鏡センター待合室への雑誌棚新設
内視鏡センターをご利用される患者様専用の雑誌棚を新設いたしました。
又、院内の雑誌に関しましては当院の患者様のリラックスタイムを演出できるような、ニーズにマッチした、品位のある雑誌を揃えるように工夫しております。
エアコン設置について
  • 面会サロンが少し寒かった。
  • 面会サロンの暖房が強かった。
  • 超音波室の前が寒い。
  • 日曜日にエアコンが効いていなかった。
1F面会サロン・1F超音波検査室前にエアコンを設置しました
当院のセントラルタイプ(中央制御型)エアコンでは、休日等のこまめな室温設定が難しかった為、1F面会サロン及び1F超音波検査室前に独立稼動型のエアコンを新たに2台設置しました。
この設置により、特に診療時間外のより細やかなエアコン稼動が可能になりました。
点滴スタンドについて
  • 点滴中の移動は大変。
  • 点滴スタンドの操作が難しい(重い)。
  • 点滴台のタイヤがエレベータの溝に入ってしまった。
点滴スタンドを全て交換しました
ご要望の内容を検討し、4月に2階病室の点滴スタンドを全て新しいスタンドに交換しました。このスタンドは従来品より20%軽く、タイヤが大きく、力の弱い方にも操作のしやすい形状をなっています。
災害対策について
  • 集中豪雨などの災害対策は大丈夫か?
  • 雨の日に正面玄関の前がすべりやすい。
  • 危機管理意識の浸透を願う。
  • 市民の公器としての意識を持ち、一層の奮起を。
雨水排水改良工事を行いました
大規模雨水排水改良工事を行いました。
この工事は大型雨水ピットを備えた自動ポンプユニット式であり、暴風雨等の大量の雨水にも対応できるよう設計施工されております。
本対策は台風を含むどのような大雨時においても、当院及び隣接する近隣の皆様方からの流入雨水分にも余裕をもって対応できるように設計されております。
駐車場について
  • 前回すぐに停められなかったのでバスで来た。
  • 早く広くして何時でも必ず置けるようにして欲しい。
  • 混雑のせいで、予約時間に遅れそうになった。
  • 軽自動車用の狭い駐車スペースを増やしたらどうか。
  • 貴院になんら不満なし、但し駐車場が足りません。
  • 土曜日は駐車場が混むからイヤ。
駐車場の拡張により100台の駐車が可能になりました
以前より多くの患者様よりご希望をいただいておりました駐車場の増設工事が完了いたしました。
これまで患者様からのご要望に沿えるよう、近隣土地所有者の皆様方へのご相談やご依頼を重ねてまいりましたが、このほど当院東側の第3駐車場(新設)と第2駐車場(拡張)することで合意し、32台分の増設駐車スペースを確保いたしました。
又、夜間の駐車場周辺安全のために、タイマー式照明(街灯)を設置いたしました。
以上により、当院駐車場はほぼ100台の収容が可能となりました。
どうぞご利用下さい。

2006年度 定期院内アンケート調査結果報告に戻る