埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

2005年度 患者様の声 主なご要望と改善〈アンケート・患者様の声・ご意見箱〉

項目内容 ご要望・ご提言 他 ご説明・対策及び改善事項
当院の取り組みについて 医療サービスについて
  • 他の病院にはないアイデアが多いですね。
  • こういうアンケート調査をするのは良いことだと思います。
  • 投書箱に書いたら、すぐに改善された。
  • これからも進んだサービス重視の病院として成長を願う。
  • 患者の目からよく観察されています。
消費者志向優良組織表彰について
2004年3月22日(月)に当院の医療サービス対応事務局が経済産業大臣表彰(グループ表彰)を受賞いたしました。
当院では医療界で初めて1998年に消費者志向優良企業表彰を通産省(現経済産業省)より受賞しております。
これに続き、この度、医療サービス対応事務局が患者様の立場に立った医療サービスを実践する組織として12年にわたる活動が高い評価を受け、大臣表彰を受賞いたしました。
医療安全について
  • 病院に一番求めるのは安全です。
  • 医療事故のない病院であってほしい。
  • 皆様の事故防止への取り組みに感謝します。
病院における継続的医療事故防止研究について
横浜市立大学医学部が、創立60周年記念事業「21世紀の安心・安全の医療を目指す研究・活動への助成」として医療安全推進に関わる研究テーマを広く公募しました。その結果多くの大学、医療機関が応募し、厳正な審査の結果、当院がその助成対象機関の一つに選ばれました。
当院は「小規模病院における継続的医療事故防止への取組」についての研究を行い、その成果を発表いたしました。
ホームページの運営について
  • 大腸検査の説明をホームページで読んでから来ました。
  • ホームページの地図が分かりやすい。
  • タイムリーに更新していますね。毎週見てます。
  • 写真が綺麗ですね。
インターネットによる病院情報公開について
私共のホームページは当院の理念である「患者様の立場にたった心温かい医療サービス」実践の一環として2001年4月に開設し、毎日約100件、2005年10月の時点で通算約12万件の閲覧をいただいております。これからも皆様に当院をよりご理解いただけるよう、情報公開に努めており、日々最新情報への更新を行っております。
皆様からのご意見・感想をお待ちしております。
http://www.kib.or.jp/
個人情報について
  • 個人情報の管理をしっかりして下さい。
  • プライバシーポリシー拝見しました。
  • 入院時には入り口の名前表示をしないで下さい。
当院における個人情報保護について
当院では、患者様に安心して医療を受けていただくために、安全な医療をご提供するとともに、患者様の個人情報の取り扱いにも、最大限の配慮を行っております。
手続きの詳細のほか、ご不明な点につきましては、医療サービス対応事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。
当院ホームページにてプライバシーポリシーをご覧になるには、サイト左側【病院案内】→【病院の理念】→・・でございます。
診療部関連 医師による説明について
  • 不安でしたが、手術の説明が分かりやすかった。
  • 医師の説明通り、ぴったりの入院期間でした。
  • 図入りの表がよかった。
  • 親切な言葉に心配が吹き飛びました。
  • 医学用語の説明がありがたかった。
インフォームド・コンセントの向上とクリニカルパスについて
当院では従来より、疾患別に治療や看護のプロセス管理は行っておりますが、患者様へのインフォームドコンセントをより向上させるために、クリニカルパスの充実を目指しております。
クリニカルパスは患者様に入院から退院までの診療予定を時系列的に説明するチャート(図)です。
このクリニカルパスを入院時の経過説明に使うことにより、患者様にとって、入院治療の経過と今後の予定をより分かりやすく理解が出来ます。
医師増員について
  • 診察の予約枠を増やしてほしい。
  • 訪問医療を希望します。
常勤医増員について
2005年9月より常勤医増員を行い、常勤医7名・非常勤医22名体制とし、さらなる診療体制の強化を行いました。
診療連携について
  • 総合病院になれませんか?
  • 紹介していただいた医院も親切でした。
  • 痛み止めの専門家(ペインクリニック)の併設を望みます。
  • 人生の最期はこの病院と決めてます。
病診連携病院のご紹介
当院は開設以来、消化器科の専門病院として、診断・治療・長期的経過観察まで一貫した専門治療のみを目指しておりますので、他科の併設は検討しておりません。
但し他科の診療が必要な場合には、連携を持っている他の医療機関を責任をもって紹介させて頂いております。
詳しくは担当医師にご相談下さい。
予防医学について
  • 健康に関する勉強会を開いて下さい。
  • あすなろ健康教室、とても勉強になりました。
  • 有料でもいいから、じっくり先生の話を聞きたい。
  • 健康に長生きするために健康教室には欠かさず出席します。
あすなろ健康教室開催について
当院では”明日はより一層元気になっていただきたい!”という願いを込め、『川越胃腸病院あすなろ健康教室』を年3回開催し、患者様やそのご家族の皆様にご参加いただいております。
今年度の実績は
2005年3月19日(土)14:00~
胆石症と腹腔鏡下手術について 藤野幸夫外科部長
2005年7月16日(土)14:00~
胃術後の注意点について 望月智行理事長・院長
2005年11月12日(土)14:00~
やさしい膵臓のおはなし 増尾光樹外来部長
(原則として、毎年3月・7月・11月に予定しております)
看護部関連 看護サービスについて
  • ナースの皆さんの働きぶりに脱帽です。
  • かゆいところに手の届く、完璧な看護でした。
  • 看護師さんありがとう。ここに入院してよかったです。
  • 他院には見られない充実した配慮がありました。
  • ナースの笑顔で病院というよりもホテルのようです。
  • 親切な案内で入院も楽しくなりました。
  • 皆さん清潔感にあふれ、気持ち良いです。
さらなる円滑なコミュニケーションツールへの工夫について
当院では、昨春の新棟完成を期に、より安全で安心な看護をめざし、業界大手㈱ケアコム社製最新ナースコールシステムを導入いたしました。このシステムではPHSにより、昼夜を問わず担当ナースがステーションに戻らなくてもコールを受けることができ、より迅速な医療サービスのご提供が可能になりました。
現在、更に、患者様へより質の高いケアをめざし、PHS等により、多くの看護情報の活用が出来るインテリジェントナースコールの研究開発に、同社と共同で取り組んでおります。
患者様の会について
  • 患者同士の情報交換の場を希望します。
  • 自分に合った勉強会なら参加したい。
  • 励ましあえる患者友達がいてよかった。
患者様の会『小さなバラの会』のスタートについて
2004年11月、人工肛門の手術をお受けになった患者様の会『小さなバラの会』が発足いたしました。
患者様同志の情報交換の場として、年に数回の会合を持ち、いろいろなテーマ毎の勉強会を行っております。
患者様の癒しと安らぎの会となるよう支援してまいります。
検査関連 医療機器の導入について
  • 日進月歩の医療に遅れをとらぬよう努力下さい。
  • どうしても新しい医療機器ある病院に行きたくなります。
  • CT検査で同じ姿勢が疲れた。
  • ニュースでみた検査による副作用とかが心配。
患者様のご負担を軽減する、最新鋭のCT装置を導入します
当院では2005年10月より、従来のヘリカル(らせん)CTよりもさらに撮影時間が短く、高画質な東芝 X線マルチスライスCT装置を導入いたしました。
この装置は一度に4断面が同時に撮影できる高水準のマルチスライス技術を搭載していますので、従来のCTよりも撮影時間が大幅に短縮され、より精密で高画質・広範囲な3次元画像を実現、しかも放射線による被爆を従来の3分の1程度に軽減して検査を行うことが可能です。
「粘膜下腫瘍等」の検出能力に優れた超音波内視鏡を導入しました
超音波内視鏡とは、消化管内視鏡検査に使うスコープの先端に超音波検査装置がついたものです。
食道・胃にできた潰瘍や腫瘍が、どれくらいの深さまで及んでいるか、またその性状を、より正確に診断するために行います。
  • 内視鏡の苦しくない病院と聞いて来ました。
  • これからも新しい検査方法に取り組んで下さい。
  • 検査の苦痛を減らす努力を願いたい。
経鼻細径内視鏡検査の導入を決定いたしました
従来の経口的内視鏡検査に苦痛を感じておられる患者様に対し、より苦痛の少ない経鼻細径内視鏡を導入いたします。
この内視鏡は鼻から挿入するものですが、検査の精度は従来の経口内視鏡にはやや劣ることもあり、適応については担当医師にご相談下さい。
薬剤部関連 服薬指導について
  • 入院中、薬剤師さんが親切に相談にのってくれました。
  • 薬局の先生に薬のことを聞いたら、くわしく説明してくれました。
  • 副作用のことなど、丁寧な説明に感謝。
服薬指導業務コンピュータシステム導入について
当院では、入院中の患者様に対し、安全で安心できる医療を提供するために、病院薬剤師が患者様の立場に立ったきめ細かな服薬指導を行っております。そして、この服薬指導業務を支援するコンピューターシステムを導入し、ベッドサイドで様々な最新情報や副作用・相互作用を確認することも可能になり、安全性と患者満足向上につながりました。
検査薬容器改善について
  • 下剤の水薬の容器が持ちづらいので改善を。(同様数件あり)
大腸検査前薬の容器に関する改善について
当院では、大腸内視鏡検査を実施される患者様が飲まれるマグコロールP(腸管洗浄液)の容器の安定性に関し、患者様の立場に立った改善を堀井薬品工業㈱に依頼致しておりました。
同社にて検討を重ねた結果、この度、容器を支えるホルダーケースが開発され、以前と比べ患者様の利便性が大きく向上いたしました。
当院での実績を踏まえ、同社では他の医療施設にもこのホルダーケースを提供することになりました。
事務部関連 待ち時間について
【ご評価】
○ 待ち時間が短くなりありがたい。
○ ほぼ予約通りの時間なのが助かります。
○ 予約制になったから待合室も混まないし、よくなった。
【問題点】
× 予約より20分遅れた。
× 予約なしで待ったら随分待たされました。
× 待ち時間ゼロを目指して欲しい。
待ち時間短縮への挑戦
TBS報道新番組『イブニングファイブ』にて当院における待ち時間短縮への取組が放映されました。
《放送概要:2005年4月5日放映(16:55~18:58)》
取材テーマ:通院・入院するならこんな病院!
取材内容:コンピュータによる予約制等、患者満足活動における先進的事例紹介
検査時期のお知らせについて
  • 1年後といわれても覚えてられない。なんとかして。
  • 連絡がいただけるとありがたいです。
  • うっかり検査を忘れてしまいました。
検査時期お知らせハガキサービスの開始について
ご希望される患者様に次回の検査時期のお知らせハガキをお送りいたします。詳しくは窓口職員までお尋ね下さい。
改善課題について
  • インターネットのメールやi-modeから診察の予約ができたら便利。
  • デビッドカード(銀行のキャッシュカード)で支払いができたらと思います。
先端通信技術の応用について
皆様からご要望をいただきました項目は、情報の安全性・経済性等の問題により、実現には至っておりませんが、今後の改善課題として前向きに検討を進めてまいります。
栄養科関連 給食サービスについて
  • 手作りの温かなパンが食べられるなんて幸せです。
  • 思いがけないプレゼント、病院にいることを忘れてしまいました。
  • 魚の鮮度、焼き加減、味付のどれも最高でした。
  • 事前にポスターで知っていたので、とても楽しみにしていました。
  • 見た目も塩味もちょうど良かったです。
  • 季節感満点!ありがとう。
給食サービスの向上について
当院では食事を楽しみにされている入院患者様に少しでも喜んでいただけるように、給食サービス委員会と栄養科が中心となって、Happy Birthdayメニュー、鮮魚の日、焼きたてパンの日、ほっとタイムサービスやティータイムサービス等、年間70回以上(毎週1回程度)の特別行事食を実施しております。
食器洗浄機について
  • 2F病棟に入院中、微かな音ですが、機械音がしました。
  • 夕食後に異音と振動を感じました。調べてみて下さい。
厨房自動食器洗浄機の新規交換について
調査の結果、問題の異音と振動は当院3F厨房内に設置されていた業務用食器洗浄機が原因と判明したため、新しい洗浄機への切替を行いました。
低騒音・低振動で環境にやさしい機種の選定を行い、ドイツ製(ウインターハルター社)の最新式洗浄機を導入し、階下への音の洩れをほぼ完全に無くしました。
整備課関連 清掃活動について
  • とってもきれいな廊下、待合室もきれいでした。
  • 貴院における清潔感は他に類を見ないものであります。
  • おそうじの方も笑顔でいいですね。
  • トイレがきれい
  • 病院らしい臭い(消毒薬?)がないですね。
  • 雨の日もちゃんとモップですぐきれいにしてました。
清掃活動における改善と工夫について
当院の整備課では安心・安全な療養環境整備のための清掃活動を積極的に行っております。
特に転倒事故の主な原因の一つであるワックス清掃作業におきましては、最新乾式ワックス剥離剤の導入を検討しております。
「乾式」の文字が示すとおり、剥離汚水を出さない、環境にも作業者にもやさしい製品となっています。
院内緑化について
  • いたるところにお花。とってもきれい。
  • ホテルのような綺麗な生け花にびっくりしました。
  • 中庭のミドリのお手入れご苦労様です。心和みます。
  • 洗面所にも花一輪、やさしい気持ちになった。
  • 命ある草花に癒されます。
院内緑化に取り組んでおります
当院では患者様やお見舞いの方々が少しでも心和む環境にふれていただけるように、院内のさまざまな場所に季節の花々を飾っております。
これらの花々は、職員が自宅で育てたものや、病院にいただいた鉢植えを枯らさないように愛情込めて育てたものです。
新棟建設関連 新外来棟ついて
  • 清潔感があり、日当たりもよく、花がたくさんあって気持ちいい。
  • 院内が明るく広いスペースで病院に通うのが楽しみです。
  • 病院というよりも、きれいなホテルに入る気分になりました。
  • 病院案内が分かりやすく、広くなり歩くのも楽になりました。
  • 清潔感にあふれており、気持ち良く受診できました。
  • 待ち時間も寛ぐ事が出来るようになりました。
  • 大変きれいで大満足です。
  • 照明や空調も良く考えられています。大いに満足です。
  • 院内のあちこちに花がたくさんあって心が安らぎます。
  • 内視鏡専用の待合部屋ができて、大変良いと思う。
  • 陽光がさしこみ広々としたロビーになり良い雰囲気です。
  • 内視鏡センターが清潔でプライバシーも守られるようになった。
  • トイレや洗面、とても広くいつもきれいにしてありますね。
  • 病院特有のいやなニオイもなく満足させていただいてます。
  • 検査待ちの場所が広く明るく不安を取り除いてくれました。
  • 施設・設備について良く検討された成果ですね。二重マルです。
  • 検査の時、待合いの人達と顔を合わせなくてよいですね。
  • 予防医学に重点を置かれた設備、素晴らしいですよ。
新外来棟・消化器内視鏡センター・個室について
新外来棟(新館)1Fは以前の待合室の約5倍の広さとなり、診察室も5室となりました。
2Fの内視鏡センターは検査室が5室となり、複数医師が並列で検査を行うことにより、検査予約日までの期間短縮を図りました。
3Fは本館(旧棟)の個室5室に加え、より広い8室の個室を加えました。
特に、315号室は家族が寝泊まりできる和室やミニキッチンを完備しました。
3Fナースステーション横には入院患者様用の食堂を設け、健康教室や様々な研究会が開催できる多目的ホール(100名収容)も設置いたしました。
新棟建設においては、これまでに皆様から寄せられた様々なご意見、ご要望を出来る限り、取り入れさせて頂きました。
設備関連 化学療法室について
  • 化学療法室にTVがほしいです。
  • のんびりクラッシックが聴けてよかった。
  • 目をつぶって音楽を楽しめました。
化学療法室について
当院では、点滴注射の化学療法をお受けになる外来の患者様に、安全かつ、より快適な環境で医療を受けていただけるよう「化学療法室」のリフォームを行いました。
化学療法中にテレビをご覧いただけるように壁掛け液晶TV(無料)及び、BGM用CDラジカセ。専用空気清浄機の設置を行いました。
売店新設について
  • 売店があればいいですね。
  • 洗剤のような日用品の販売をお願いします。
  • パンやお菓子が買える場所がほしい。
院内売店の新設について
以前より、多くの患者様よりご要望をいただいておりました売店を、04年6月より当院本館1Fにてスタートさせていただきました。
売店内には入院患者様用の医療消耗品、生活雑貨他、飲料水、菓子、文房具、新聞・雑誌等を準備いたしました。今後、患者様のご要望に合わせ、随時商品の充実を図ってまいります。どうぞ、ご通院の患者様やお見舞いの方々もご利用下さい。
収納カゴについて
  • 洋服とスリッパを別にいれるカゴが欲しいですね。
内視鏡センターストレッチャー収納カゴ設置について
当院内視鏡センターにて利用しております患者様用移動式検査寝台(ストレッチャー)に洋服及びスリッパ収納カゴを新たに設置いたしました。
トイレ工夫について
  • 水道の蛇口の位置が少し高く、水がはねてしまいます。
  • シャワーのような蛇口で位置も変えられれば、洗浄しやすい。
オストメイト(人工肛門患者様)用トイレの工夫について
新館1Fオストメイト(人工肛門患者様)用トイレ内の洗浄用シンクの水道蛇口に、シャワー機能を持つエクステンションノズルの取り付けを行いました。
駐輪場屋根について
  • 駐輪場に雨に濡れないように屋根が欲しい。
駐輪場屋根の設置について
患者様の自転車によるご通院の利便性向上のため、駐輪場スペースの整備に力をいれてまいりました。
04年4月には新たに駐輪車屋根を設置いたしました。

2005年度 定期院内アンケート調査結果報告に戻る