埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

栄養科ヨコタのレシピ大公開!miniおはぎ

無題

///////////////////////////////////////////////////////////////

川越胃腸病院栄養科のレシピ大公開!vol.9
「食事がおいしいですね」・・・患者様からお褒めいただくと、ついつい私たちスタッフはニッコリ(笑)してしまいます。
なぜなら、私たちスタッフも毎日同じお料理を職員食堂でいただいていて、「美味しい」と感じているからです。(手前味噌ですみません)
これから当ウエブサイトにおいて、当院栄養科の自慢レシピを順次公開していきます。
『医食同源』・・・私たちの健康な身体と活力は、私たちがいただいた食物(生命)と愛情でつくられています。
どうぞご一緒に、おいしくて胃腸にやさしい料理(おサイフにもやさしい)にチャレンジしてみませんか!

//////////////////////////////////////////
献立名 ミニおはぎ (1人2個・全部で20個分)

材料/目安量

もち米 1合 150g
白米 0.5合 75g
水 1.5合分の水
小豆 130g
砂糖 120g
塩 少々
きな粉 60g
砂糖 30g
塩 少々

作り方
① もち米、白米共に洗って分量の水に浸し30分後に炊く。
② 小豆は洗って鍋に入れ、かぶるくらいの水で中火にかける。沸騰したら煮こぼし、
   再び水を小豆の5倍ほど入れ、指先でつぶれるぐらいまで柔らかく煮る。
   水が減ったら随時熱湯を加える。
③ 砂糖を2回ぐらいに分けて入れ、弱火で煮詰めていく。
   鍋底に煮汁がなくなり、ぼったりとした状態になったら、火から下ろし、塩で味を整える。
④ きな粉と砂糖、塩を混ぜておく。
⑤ ①が炊き上がったら、熱いうちにすりこぎでつぶし、20個に丸める。
   (小豆用は、きな粉よりやや小さめにすると、出来上がりが同じ大きさになります)
⑥ 10個は、きな粉をまぶし、残りの10個はさらし布巾や、ラップにあんこを広げ、⑤を包む。

栄養価
    (一人分) エネルギー:186? 蛋白質:5.8g 脂質:2.0g

一口メモ
敬遠されがちな、手づくりおはぎですが、比較的シンプルな材料で作ることができます。
まとめやすい硬さに小豆を煮ることができれば、あとは意外と簡単です。
小豆は利尿作用があり、むくみに効果的。きな粉は大豆イソフラボンが多く、血行の促進や
肌荒れ効果なども期待されます。ぜひ、今年のお彼岸に作ってみてはいかがでしょうか。

                           以 上