埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

望月院長著書から看護大学の入学試験問題が出題されました

20160405

/////////////////////////////////////////////////////////
望月院長著書が看護大学の入学試験問題として出題されました
/////////////////////////////////////////////////////////

九州看護福祉大学(熊本県玉名市富尾)の2016年度入学試験問題として、望月智行院長の著書「いのち輝くホスピタリティ」の一節が試験問題として出題されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一般入学試験(後期日程)問題 (全学科共通)

次の文章を読み、著者が述べる医療福祉におけるサービスについて理解したうえで、あなたが将来実践したいサービスについて720字以上800字以内で述べなさい。

      

日本人は古来、「かゆいところに手が届く」という表現を日常的に用います。「かゆいところ」は人により、時と場所により、いつも移ろっています。患者様一人ひとりの、今、「かゆいところ」に、温かい手をのばせるような接遇、つまり患者様との距離が近いパーソナルサービスを、私たちは心がけています。
サービスというのは、想いの表現です。言葉と行動で、気持ちを伝える行為です。ですから、患者様に応対するときの基本は、行動には必ず、優しく、できるだけ美しい言葉を添えること。マニュアルに示された型どおりの動きで終えようとしないことです。手の温もりが伝わるようなサービスは、最先端の医療機器でも絶対に太刀打ちできない効果を発揮することがあるのです。

出典:望月智行『いのち輝くホスビタリティ?医療は究極のサービス業』文屋,2008年,pp. 172-173

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

未来の医療人を目指す受験生の皆さまは、望月院長のメッセージをどのように読み解き、自らの医療サービス像を表現されたのでしょうか?

今春、さまざな場所で新たなスタート地点に立たれた皆様が、実り多き学びの日々をこころ豊かにお過ごしになられるよう願っています。