埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

栄養科ヨコタのレシピ大公開!コンソメポテト

20150915

川越胃腸病院栄養科のレシピ大公開!vol.6

「食事がおいしいですね」・・・患者様からお褒めいただくと、ついつい私たちスタッフはニッコリ(笑)してしまいます。
なぜなら、私たちスタッフも毎日同じお料理を職員食堂でいただいていて、「美味しい」と感じているからです。(手前味噌ですみません)
これから当ウエブサイトにおいて、当院栄養科の自慢レシピを順次公開していきます。
『医食同源』・・・私たちの健康な身体と活力は、私たちがいただいた食物(生命)と愛情でつくられています。
どうぞご一緒に、おいしくて胃腸にやさしい料理(おサイフにもやさしい)にチャレンジしてみませんか!

・・・・・・コンソメポテト(2人分)・・・・・・・・・・

目安量
材料 じゃが芋 120 中1個
人参 40 1/3本
玉ねぎ 20 1/8個
コンソメ(顆粒) 4 小さじ1強
サラダ油 2 小さじ1/2
いんげん 8 1本
塩 0.3

作り方 ① じゃが芋は一口大に切り、茹でる。
② 人参は、いちょう切りし、茹でる。玉ねぎはスライス。
③ いんげんは塩を入れた湯で茹でて、斜め切り。
④ 鍋に油を引き、玉ねぎを軽く炒め、じゃが芋、人参を合わせる。
⑤ コンソメを振りかけ、さらに炒める。
⑥ 最後に、いんげんを散らして完成。

栄養価 (一人分) エネルギー:72? 蛋白質:1.4g 脂質:1.2g

一口メモ 玉ねぎに、じゃが芋と人参を合わせる時は、茹でたての温かい状態のまま合わせる
 ようにすると、コンソメがうまく野菜に馴染みます。
 じゃが芋は、少しやわらかめに茹でて、崩さないようにフライパンでやさしく合わせると、
 粉ふき芋のような状態となり、さらに美味しさが増します。
 一般の方でしたら、最後に黒こしょうを振って、味にアクセントをつけてもよいと思います。
 (写真は約2人前)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(当院管理栄養士 横田千絵)