埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

みなさまご一緒に医療知識を学びましょう!≪肛門の痛み≫

みなさまご一緒に医療知識を学びましょう!≪肛門の痛み≫      

Q1-7. 肛門の痛みとかゆみにはどんな治療があるのでしょうか?

A. 痛みとかゆみを起こす病気によって変わってきます。肛門の痛みを起こすもので一番多いのは痔です。痔は、程度がひどい場合には手術が必要ですが、まずは薬物による局所療法が優先します。最悪の場合肛門癌のこともありますので、(恥ずかしい場所なので受診が遅れることもありますが)勇気を出して肛門科や消化器科を受診してください。かゆみも痔で発症することもありますが、肛門周囲の湿疹や真菌症などのこともあります。早めの診察をお勧めします。

Q1-8. 直腸ポリープと粘液便には関連があるのでしょうか?

A. 粘液便を起こすのは、潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患の時が多いようです。直腸ポリープでもポリープ自体から粘液を発生するような特殊なものでは粘液便が目立つこともあります。

Q1-9. 血便が出ました。どうしたらよいですか?

A. 硬い便によってたまたま肛門粘膜が裂けて出血をきたした場合は急いで病院に行く必要はありません。便が普通になっても続く場合はなるべく早めに胃腸科の専門病院を訪れたほうがよいでしょう。通常は大腸の内視鏡検査をお勧めしていますが、黒い便(コールタールのような便)の場合は胃や十二指腸など上部消化管からの可能性もあります。

正しい健康知識でお健やかな毎日を当院スタッフ一同願っております。
 
≪本内容は当院ウエブサイト疾患FQAからの転載です≫