埼玉県川越市の医療法人財団献心会 川越胃腸病院は消化器科専門病院として「高水準の専門医療技術」と「患者様の立場に立った心温かい医療サービス」を以って医療活動を遂行し、「人間尊重の医療を行う病院」を目指しています。胃,胃がん,食道,十二指腸,胆嚢,胆石,膵臓,小腸,大腸,大腸ポリープ,鼠径ヘルニア,検査,内視鏡,腹部超音波,CT,CTC,川越

施設認定

認定施設とは、各学会(例:日本外科学会)によって認定された診療・教育施設で、各学会が対象とする診療を行うための病床数が一定数以上あり、かつ各学会が専門医の中から選考し認定した指導医のもとで対象となる疾患の臨床研修を行うことができる専門施設のことを言います。
当院では、以下の消化器関連の学会の認定施設となっており、当該学会の認定を受けた認定医、専門医が診療にあたっています。
なお、認定医、専門医、指導医の資格は、各学会が定める一定水準の経験や知識、技術をクリアした場合に、各学会から付与されます。特に指導医は、高度な知識や技量、経験を持ち、認定医や専門医などを指導する立場にあるとして各学会が認定した場合に付与されます。

 

【施設認定一覧】

学会の認定 日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本大腸肛門病学会修練施設
その他の認定 日本医療機能評価機構認定病院
順天堂大学(外科)臨床関連病院
 

【当院医師の認定の状況】

日本外科学会 日本消化器外科学会 日本消化器内視鏡学会 日本消化器病学会 日本大腸肛門学会 日本内視鏡外科学会 その他学会
理事長・院長
望月 智行
指導医 指導医 指導医 指導医      
外科部長
藤野 幸夫
指導医 指導医 指導医 専門医 専門医 技術認定医  
  
 
検査部長
紫藤 和久
指導医 指導医 指導医 指導医 指導医    
内科医長
浅野 聡
    指導医        
医局員
池田 廉
認定医   専門医        
医局員
八田 朋子
認定医            
 

■看護師の資格認定

看護協会においても、高度化・専門分化が進む医療現場での看護の質向上を目的に、資格認定制度を発足させています。専門看護師、認定看護管理者、認定看護師の3つの資格があり、当院にも以下の認定を受けた看護師がいます。

資格 概要 氏名
認定看護師 特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかります。 中村 恵美
(専門:皮膚・排泄ケア)
 

認定看護管理者(CNA=Certified Nurse Administrator)

認定看護管理者とは、認定看護管理者規定の総則第一章にもあるように、認定看護管理者制度は「多様なヘルスケアニーズ持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供する事を目指し、一定の基準に基づいた看護管理者を育成する体制を整え、看護管理者の資質と看護水準の維持向上に寄与することにより、保健医療福祉に貢献すること」を目的に、1992年(1992年)に発足しました。認定看護管理者になるためには、定められた教育課程①ファーストレベル(150時間)、②セカンドレベル(180時間)、③サードレベル(180時間)の指定された研修(都道府県看護協会で認定された教育機関研修を受ける)を受講することが必要ですし、研修修了後は、認定看護管理者認定委員会の認定審査に合格した者が認定看護管理者として活動することになります。この制度では、認定看護管理者のレベル保持のために、認定後5年毎に更新審査を受ける必要があります。2010年11月10日までに953名の看護管理者が認定されております。ちなみに当院看護部長は21番目の認定看護管理者です。

応募要件

1.日本国の保健師、助産師、看護師免許を持つ者

2.保健師、助産師、看護師の免許を取得後の実務経験5年以上の者

3.認定看護管理者の全課程を修了している者

4.看護部長または看護部長に相当する任にあたる者で、過去に過去に合計4週間(20日間)以上の看護管理者研修を受けている者

5.副看護部長または副看護部長に相当する職位に一年以上就いている者で、過去に合計4週間(20日間)以上の看護管理研修を受けている者

6.看護大学において看護管理を専攻し修士号を取得している者、実務経験が通算5年以上ある。うち修士課程修了後の実務経験が3年以上ある者

7.管理経験が3年以上ある者で、看護系大学院において看護管理を専攻し修士号を取得している者

8.管理経験が3年以上ある者で、大学院において管理に関する学問領域の修士号を取得している者

当院でも管理業務に携わる責任者には、認定看護管理者を目指すことを推奨しており、現在ファーストレベル一名、セカンドレベル一名が所定の研修を修了し、次なるステップへの機会待ちをしています。

 

認定看護師 (CNS=Certified Nurse Specialist)

認定看護師は看護分野に置いて実践・指導・相談の3つの役割を果たす事により、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献します。実際には、特定の看護分野において、個人、家族及び集団に対して熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践が出来、合わせて特定の看護分野において看護実践を通し看護者への指導、また特定の看護分野において看護者に対し相談(コンサルテーション)が行える者をいいます。
認定看護分野としては救急看護、皮膚・排泄、緩和ケア、がん化学療法看護などを含めトータルで21分野があり、高度化及び専門分化する保健、医療、福祉の現場に置いて、熟練した看護技術及び知識を必要とする看護分野として認定看護師制度委員会が認めたものをいいます。

応募要件

1.日本国の保健師、助産師、看護師いずれかの免許を有し、免許取得後実務経験が通算5年以上あること。うち3年以上は認定看護分野の実務研修をしていること。

2.認定看護師教育機関での研修を修了していること(6ヶ月615時間以上)

3.研修終了後認定試験(筆記試験)

4.試験合格者に対しては、認定看護師認定証交付・登録

5.5年毎に更新(看護実践と自己研鑽の実績について書類審査)

当院は消化器科の専門病院でもあることから、専門分野の認定看護師育成が必須であると考えていたところ、幸いなことに、本年皮膚・排泄ケア(WOC)の認定看護師が一名誕生しました。今後も他分野の認定看護師に対し、チャレンジ意欲を漲らせた看護師の誕生を願っているところです。

 

専門看護師

専門看護師とは、日本看護協会の専門看護師認定審査に合格した人に与えられる看護師の職名で、1996年に初めて誕生しました。複雑で解決困難な問題を持った人たちに対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、特定の専門分野の知識及び技術を深めた看護師です。専門看護師は、実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を果たす事により、保健医療福祉や看護学の発展に貢献しています。

専門分野としては9分野があり、1.精神看護 2.がん看護 3.地域看護 4.老人看護 5.小児看護 6.母性看護 7.成人看護(慢性) 8.クリティカルケア看護 9.感染看護があり、2010年9月1日までの登録人数は451名となっております。残念ながら当院にはまだ専門看護師はおりません。

専門看護師になるには、

1.保健師、助産師、看護師免許を持っていることが大前提です。

2.看護系大学院修士課程修了者で、日本看護系大学協議会が定める専門看護分野の専門看護師カリキュラム総計26単位を取得していること。

3.実務経験が通算5年以上。そのうち3年間以上は専門看護師分野の経験。このうち一年は修士課程修了後の実務経験であること。

認定審査は、二次審査まであり、一次審査では書類審査、二次審査では口頭試問が行われます。認定審査に合格すると、専門看護師として認定証が交付され、登録されます。

 

超音波検査士

社団法人日本超音波医学会認定超音波検査士制度とは・・・
超音波医学並びに医療の向上を図り、国民の福祉に貢献する事を目的として、社団法人超音波医学会が超音波の優れた技能を有するコメディカルスタッフを専門の検査士として認定します。
検査士認定試験は、毎年1回行われ、認定を受けた年から5年を経る時に資格更新の認定を受けなければなりません。

 

【超音波検査士認定試験の受験】

超音波検査士の認定を受けるためには、超音波検査士認定試験を受験し合格する事が必要です。受験するためには以下が必要です。

1.受験資格

1) 日本国の看護師,准看護師,臨床検査技師,診療放射線技師のいずれかの免許を有すること。

2) 20xx年12月31日以前に入会し,3年以上継続して,本学会の正会員もしくは準会員,または日本超音波検査学会の会員であること。

3) 本学会認定超音波専門医の推薦が得られること。


2.超音波検査実績-1

日本国の看護師,准看護師,臨床検査技師,診療放射線技師のいずれかの免許を取得してから現在までの超音波検査を施行した経験を、超音波検査を施行した施設の臨床責任医師に証明(署名・捺印)して貰うこと。

3.超音波検査実績-2

臨床領域別内訳の疾患コード別に各指定例数以上になるように、抄録20例の提出すること。

4.超音波検査士認定試験受験者推薦状

何らかの形で指導を受けた超音波専門医に受験者本人から直接依頼をして推薦してもらうこと。

 

内視鏡技師

内視鏡技師は、正式には「日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡技師」と言い、日本消化器内視鏡学会が,医学基礎知識と内視鏡の専門知識と技術を備えていると認定した者のことを指します。

内視鏡技師には、第一種内視鏡技師(正看護師等の准看護師以外の医療関連法定免許保有者)と第二種内視鏡技師(准看護師)があり、当院の内視鏡技師は全て第一種内視鏡技師です。

内視鏡技師になるには、学術試験に合格するのはもちろんのこと、日本消化器内視鏡学会員が従事する内視鏡室での2年以上の実務経験や内視鏡に関する所定の講義の受講などが求められます。

内視鏡技師は、免許で認められた医療行為の範囲内で、次のような業務を行います。

・内視鏡及び関連器械の管理,補助,整備,修理
・患者の看護と検査医の介助
・関連する事務業務,検査予約,オリエンテーション,資料の管理保存など